令和初の夏休み!みなさん計画は立てていますか?
なんと今年のお盆休みは9連休に。

例年、お盆休みとされるのは8/13(火)~8/16(金)の4日間ですが、今年は8/12(月)が山の日の振替休日。


そのため、カレンダー通りに休みをとると
8/10(土)から8/18(日)まで9連休をとることが可能に。長いお休みが期待できるこの夏、やっぱり行きたいのは海!という人も多いのではないでしょうか?


そこで、この記事では絶景と涼しさを楽しめる
“定番の絶景橋”を集めてみました!車で走り抜ければ、まるで海上を走っている気分が味わえますよ。

button



車で走り抜ければ絶対涼しい橋10選

1  北海道 白鳥大橋

car_01

北海道・室蘭のシンボルともなっている東日本最大の吊り橋。
別名“白鳥湾”と言われる室蘭港にかかる橋で、まさに白鳥が羽根を広げた姿を思わせる優雅な白い橋です。全長は1,380mあり、夜のライトアップが素晴らしことから「日本夜景遺産・ライトアップ遺産」にも選定されています!

場所:JR室蘭駅から車で10分
通行料:無料

2 千葉県 東京湾アクアライン

car_02

東京湾を横断して神奈川県・川崎と千葉県・木更津を結ぶ全長15kmの自動車専用有料道路。そのうち、川崎側の約9.5kmが海底トンネル、木更津側の4.4kmが橋となっていて、接続部に人工島の"海ほたる"があります。海底から海上の橋に出たときは360度の絶景が広がります。

場所:首都高速湾岸線/国道409号の川崎浮島JCT・浮島IC〜東京湾アクアライン連絡道/国道409号の木更津金田IC
通行料:800円 ※以下通行料は全て普通車ETC割の料金

3 兵庫県 明石海峡大橋

car_03

兵庫県・神戸市と淡路島の間の明石海峡に架かる世界最長の吊り橋で全長は3,911m。海面上約300mの主塔のてっぺんから絶景を楽しめる見学ツアー”ブリッジワールド”も人気!「パールブリッジ」の愛称のとおり、ライトアップされた夜の姿も素晴らしいです。

場所:神戸淡路鳴門自動車道/淡路ICから5分
通行料:900円(垂水IC〜淡路IC)

4 愛媛県 来島海峡大橋

car_04

サイクリストの聖地となっている『しまなみ海道』の中でも、最大規模を誇る橋です。愛媛県・今治市と大島との間の、来島海峡に架かる世界初の三連吊り橋。全長は4,105mあります。来島海峡は瀬戸内海の三急潮の一つで、橋上からはうず潮が見られることも!

場所:今治駅から車で20分
   しまなみ海道・今治北ICから車で5分
通行料:890円(今治北ICから大島南IC)

5 高知県 大鳴門橋

car_05

徳島県・鳴門市と兵庫県・淡路島を結ぶ吊橋で、全長は1,629m。言わずと知れたうず潮で名高い鳴門海峡の2つの海峡を渡る。

場所:鳴戸北IC.から車で5分
通行料:680円(鳴門北IC〜淡路島南IC)

6 山口県 角島大橋

car_06

山口県・下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かり、全長は1,780mです。無料で渡れる一般道路として日本屈指の長さを誇ります。何よりエメラルドグリーンの海とそこをまたぐ橋の美しさが際立っていて、SNSでも話題になりました。

場所:JR山陰本線特牛駅からバスで15分
   JR山陰本線滝部駅からバスで25分
   中国自動車道下関ICから車で70分
通行料:なし

7 山口県 関門橋

car_07

本州と九州の間、関門海峡をまたぐ吊り橋で関門自動車道の一部。大型の船舶が頻繁に通行するため、関門橋を船がくぐる様子も見られます。全長は1068メートルあり、1973年に開通した時点では、日本最長だった。

場所:JR山陰本線特牛駅からバスで15分
   JR山陰本線滝部駅からバスで25分
   中国自動車道下関ICから車で70分
通行料:350円(下関IC〜門司港IC)

8 長崎県 天草五橋

car_08

九州本土と天草諸島をつなぐ5つの橋の総称で、別称は”天草パールライン”。三角から大矢野島・永浦島・大池島・前島を経て天草上島までの総延長は17.4㎞。2018年には新たに『天城橋』が開通!青い海はもちろんのこと『日本の夕陽百選』にも認定されている夕陽も楽しめます。

場所:JR山陰本線特牛駅からバスで15分
   JR山陰本線滝部駅からバスで25分
   中国自動車道下関ICから車で70分
通行料:無料

9 沖縄県 古宇利大橋

car_09

今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ全長1,960mの橋。橋の両側にはエメラルドグリーンの海が広がり、絶景のドライブコース古宇利大橋を渡ってすぐ左手には、古宇利ビーチや地元の特産品が楽しめる古宇利ふれあい広場があり、観光客でにぎわっています。

場所:JR山陰本線特牛駅からバスで15分
   JR山陰本線滝部駅からバスで25分
   中国自動車道下関ICから車で70分
通行料:なし

10 沖縄県 伊良部大橋

car_10

2015年に開通した、沖縄・宮古島と伊良部島を結ぶ橋。無料で渡れる橋としては日本最長の3540mを誇る。信じられない程の青い海を貫いて渡る爽快ドライブルート!さらには宮古島随一のインスタ映え スポットとして大人気なのです。

場所:JR山陰本線特牛駅からバスで15分
   JR山陰本線滝部駅からバスで25分
   中国自動車道下関ICから車で70分
通行料:なし


夏休みはいつもと違う車の使い方が発生?

car_00

いかがですか?ぜひこの夏に車で走り抜けたい橋をご紹介しました。

定番で外れのない橋ばかり。ちょっとしたドライブ旅行や、帰省時のお出かけに、ぜひ訪れてみてください。

今年はお盆休み周辺での長い連休が期待できる分、帰省する方も多いと思いますが、周りに聞いてみると、毎年帰省時に使う交通手段は圧倒的に車のようです。

車で帰って、家族がその車を使う。または実家にある車を使わせてもらうなど、自分がもしくは家族が他人の車を運転する機会が発生しがちなのが帰省シーズンです。

  • 車で帰省、実家の両親が自分の車に乗ってスーパーまで買い物に
  • 実家に置いてある両親の車に子供を乗せてちょっとお出かけ
  • 友人の車でプチ旅行!運転ばかりさせても悪いので途中で自分が運転を代わった
というように、“ちょっとした車に貸し借り”で
いつもと違う車の使い方が発生するのがお盆の時期。

ぜひ気をつけて欲しいのは保険が適用されない状況です。

そんな一時的な運転、一時的な利用に伴うリスクを補償するのが手軽に加入できるLINEほけんの『半日からの自動車保険』です。


LINEほけんは半日(12時間)400円から加入可能!

LINEほけんは、1日よりも短い期間を設定した
”半日からの”シリーズをスタートしました!
早速、補償の内容を見てみましょう。

半日からの自動車保険(車両保険なし)

車を家族や友だちから借りるときや運転を代わってあげたときなどの自動車事故を補償します。対人賠償・対物賠償の補償は安心の無制限!

半日からの自動車保険(車両保険なし) 12時間400円〜
  • 対人賠償責任保険:無制限
  • 対物賠償責任保険:無制限
  • 搭乗者傷害特約(一時金払・1名につき):1,000 万円
  • 自損事故傷害特約(1名につき) 1,500 万円
"ちょっとした利用"を想定しているから、半日(12時間)のロードアシスタンス付で400円、1日(24時間)でも500円で加入できるんです

半日からの自動車保険 

借りたお車の修理費用まで補償されるプランならこちら!

半日からの自動車保険 12時間1,200円〜
  • 対人賠償責任保険:無制限
  • 対物賠償責任保険:無制限
  • 搭乗者傷害特約(一時金払・1名につき):1,000 万円
  • 自損事故傷害特約(1名につき) 1,500 万円
  • 借用自動車の車両復旧費用特約(自己負担額15万円):300 万円

さらに、人身傷害保険3,000万円などが付帯された手厚い補償の「半日からの自動車保険+」も
12時間1,600円〜で展開しています。

LINEで契約完了。お手軽LINEほけん

半日だけの自動車保険は、数時間の外出を目的に
家族や知人の車をちょっと利用する・・という時の
補償を想定しています。
従って半日(12時間)から加入ができますが、最大7日間まで期間は設定可能。
必要なときにスマホから加入でき、申し込み直後から補償をスタートすることができます。
※補償開始日は手続き日の翌月末まで選択することが可能です。


急に予定が変更となり契約期間が変わる場合や、
契約内容の変更・取消が発生しても、
LINEアプリ上の契約ページから手続きが可能です。

LINEほけんはLINEアプリで契約完了するので、保険に入るためにコンビニに行く必要もありません!ほんとうに手軽な保険なのです。

LINEほけんへの行き方

①LINEアプリ内の右下「ウォレット」をタップ
②ウォレットタブ内の「ほけん」※ハートのロゴ をタップ

次に、LINEほけんサービスページから保険を選びます。
保険を決めたら、Let’s加入!

加入の方法

①加入する保険商品をタップ!
【LINEほけんを初めて利用する方のみ】
②利用規約等の同意画面で各項目をチェックして「同意する」をタップ!
※LINEほけんを初めて使う際のみ
 その後、再度商品をタップお願いします。

③商品ページで保険期間の開始日と終了日を設定します。
 表示される保険料を確認しましょう。
④補償内容や被保険者のご選択範囲などを確認して「加入する」をタップ!
 表示されるポップアップの内容をご確認して「はい」をタップ!
⑤加入者(ご本人様)のプロフィール情報(+免許証情報)を設定し、被保険者を選択します。被保険者がご本人でない場合は「+家族を追加」から情報を登録して被保険者に選択します。
⑥運転する自動車のナンバープレートの情報を入力!
⑦確認事項を選択して確認、重要事項等説明書を選択して「同意」します。

最後に決済です。決済はLINE Payで可能です(クレジットカード連携またはチャージ)。
決済画面に遷移したら、いずれかを選択し決済を行います。全てLINEで完結します。

まとめ

・お盆休みは普段とは違うクルマの使い方が発生する!
・ちょっとだけ使うシーンにはちょっとだけ保険をかけるで対応!
・LINEほけんの自動車保険は半日(12時間)400円から!
・LINEで契約が完了!コンビニさえ行く必要無し!

button

取扱代理店:LINE Financial株式会社
引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社
SJNK19-80244(2019年8月2日)
この内容は概要です。詳しくはLINEほけん画面を開いてご確認ください。

<<LINEほけんの情報をチェックする>>