今、プロゴルフの世界では『黄金世代(1998年生まれ)』と呼ばれる女性ゴルファーが大活躍していますが、一般の若い女性の間でも、早起きできる!自然の中で気持ちよくプレイができる!可愛いウェアもある!ということで"ゴルフをやってみたい熱"が高まっています。

5

ただ、クラブを振り、速度200kmを超える球を打ち出すゴルフでは、事故が発生した際に重大な事態になりがちです。また、クラブを壊してしまったり、せっかく可愛く揃えたアイテムが盗まれてしまったりという事も。そんなリスクには、ぜひゴルフ保険で備えましょう。

golf_button

ゴルフ保険が人気の理由

① セルフプレーが一般的に
キャディーさんをつけないセルフプレーが一般的になり、前の組の位置確認や、ショットが大きく曲がった際の『ファー!』の掛け声、そしてカートの運転など、安全管理も自分たちで行う必要があります。そうした管理が十分でないことが原因の事故が、特に初心者に起こりやすくなっています。

② ゴルフは揃えるアイテムが沢山
ゴルフクラブのセットとゴルフバッグだけでなく、シューズ、ウェア、ラウンドでは必須の帽子など、揃えるべきアイテムが多くあり、決して安いものばかりではありません。そうしたアイテムの盗難や、ゴルフクラブが破損した際の損害は馬鹿になりません。

ゴルフ場でのこんな事故は補償される?

それでは、具体的なシチュエーションから『ゴルフ保険 1Dayプラン』の補償内容をみてみます。

6

シーン① 打った球が前の組のプレイヤーに直撃
・前の組がグリーン上にいることの確認を怠ってショット(打ち込み)してしまったため、グリーン上のプレイヤーに打球が直撃!ケガをさせてしまった。

シーン② ゴルフカートで事故ってしまい同乗者がケガ

ゴルフクラブ片手にカートを運転をしていたところ、操作を誤りラフな道へ。カートが激しく揺れ、振り落とされた同乗者が大ケガをしてしまった。

答え:⭕️補償対象です
損害賠償として1億円までが補償されます。

シーン③ 木の近くからのショットで大事なゴルフクラブを損傷 
木の近くに落ちたボールを無理な態勢で打ったら、ゴルフクラブが木の幹に激しくあたり、クラブが折れてしまった・・・ 。

答え:⭕️補償対象です
ゴルフ用品の損害として12万円までが補償されます。

『ゴルフ保険 1Dayプラン』概要

改めて『ゴルフ保険1Dayプラン』の補償内容を整理してみます。この保険は
  • ゴルフ用品の損害
  • ゴルフ賠償責任
  • 入院保険金日額
  • 通院保険金日額
  • 死亡・後遺障害保険金
  • ホールインワン・アルバトロス費用

などがセットになっています。


7

☆Point 1 ゴルフ用品の損害:12万円

主にゴルフクラブの破損・盗難、その他ゴルフ用に設計された各用品、被覆類、ゴルフバッグの盗難といった損害に対して補償されます。

ただし、置き忘れや紛失については対象外となるので注意が必要です。また、ゴルフ用品に時計・宝石・貴金属・財布等の携行品は補償対象には含まれません。

☆Point 2 賠償責任:1億円

何気ない素振りであっても振っているのは長い鉄の棒、ティーショットでは打球の速度が200kmを超えると言われています。それだけに事故やケガは重大な事態になることも少なくありません。

ゴルフの練習や競技中に発生した事故によって他人にケガを負わせてしまい、損害賠償責任を負った場合には、1億円まで補償されます。

☆Point 3 プレイ当日に急いで加入も可能! 

プレイ当日の朝に慌てて加入なんてこともOK。補償期間は加入手続きが完了した時点から始まります。さらに1日300円なので気軽に備えることができます。

LINEほけんのメリット

『ゴルフ保険 1Dayプラン』の内容を見てきましたが、LINEほけんの何よりのメリットは、こうした保険の契約が簡単なことです。

keiyaku

LINEほけんにアクセスして、上記のような簡単なステップでLINEで契約が完結できます。

リピーターが多いのも特徴

LINEで簡単に加入できるLINEほけん。1度使うとリピート利用される方が多いのも特徴です。ゴルフ保険 1Dayプラン以外にも、半日からの自動車保険などもあるので、身近な保険はぜひLINEほけんで!

まとめ『ゴルフ保険 1Dayプラン』

・セルフプレーが一般化してリスクはUP
・ゴルフ用品の盗難やゴルフクラブの破損リスクには12万円まで補償で心強い!
・まさかの事故で、賠償責任が発生しても1億円まで補償!
・保険料は300円/日!ラウンド当日の加入でOK!
・LINEほけんはLINEで契約が完了!


golf_button

また、ゴルフ場には、知人同士で1台の車で行くことも多いですよね。ドライバーがお疲れ気味のときは、同乗者が運転を替わってあげると、頼もしいです。そんなドライバーの変更が気軽にできるのが、LINEほけんの「半日からの自動車保険」で、出かけることが多いゴルファー必見の保険です。



取扱代理店:LINE Financial株式会社
引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社
SJNK19-80406(2019年11月5日)
この内容は概要です。詳しくはLINEほけん画面を開いてご確認ください。

<<LINEほけんの情報をチェックする>>

友だち追加