nintishyo_header_konezumi

家族信託について学ぶ

今日は、親の認知症と空き家問題のテーマに解説しますね。

えっと、それはどういうことですか?

親が認知症になってしまうと、親の資産である家が売却する意思確認ができなので、結果、親が亡くなり遺産相続するまで、手が付けられない問題が発生していることですね。

具体的にはどういうことですか?

困る典型的なケースですが、離れて暮らしていた両親が、母親が亡くなり、父親が1人で暮らしていて、奥様が亡くなったことで人生のはりを失い、認知症になってしまい。子供たちは離れている暮らしていて十分な介護ができないので父親が施設に入られたようなケースで、見てみましょう。

ふむふむ

父親が施設で過ごされているので、ご両親が暮らしていた実家は誰も住んでない状態になりますよね?

この実家を売却して現金化して、施設の費用に充当できるといいのですが、実家の持ち主である父親が認知症になってしまうと、契約行為の能力がないと判断され、売却できません。

代わりにお子様が、実家を売却する手続きをしたいところですが、父親の資産を守る観点から、子供でも父親の実家は売却できないのです。

結果、父親が亡くなり、相続するまで、実家は手が付けられない状態になります。誰も住んでいない家屋は痛みが早いので、深刻な空き家問題の原因になるのです。

なんと!

夫婦がともにご存命の場合でもご主人が認知症になり、ご主人の口座に入っている年金が、奥様も引き出せず、生活費に困るケースもあります。

えぇ!?

そこで、注目されているのが、家族信託です。

噂には聞いたことがあります。

そうですね。比較的お手軽な仕組みなのですが、両親が認知症になる前に手を打つものになるので、家族での話し合いが難しいテーマでもあります。しかし、両親が認知症になってからだと遅いので、事前にしっかり対応しておきましょう。

たぶん、皆さん。スマホでこの記事みてますよね。今回は、家族信託の進み方の流れだけご紹介しますので、詳しくは、お近くの司法書士(行政書士、弁護士も対応してくれるケースあります)にご相談ください。


家族信託の流れ(父親の財産を代表する子供に信託するケース)
(1)家族で話し合い。子供が数名いる場合、誰が信託されるか決めましょう。
(2)司法書士に相談。信託する財産範囲(実家、口座など)を決めます。
(3)家族信託契約の締結。(父親と代表した子供)
(4)信託された子供は、信託財産を、所有者の父親のためという制限付きで、実家の売却や、口座からのお金の引き出しができる権利を有する。

banner1




banner2
© studio U.G. - Yuji Nishimura 
広告
kazokushintaku
kazokushintaku_anshin

anshin_LINE_banner_650×350_05_v2