chintai1

賃貸保険について学ぶ

今日は賃貸用の火災保険についてお話を聞かせてください。どうしてお部屋を借りるときには保険加入が必要なんですか?

一番の理由は、皆さんが高額な賠償請求をされたときに自分の身を守るため、と考えてもらうとわかりやすいと思います。

お部屋を借りてお住まいの方は、退去時に「現状を回復する義務」があります。例えば、お住まいの方が火事を起こしてお部屋を全焼させてしまったら、現状回復のための高額な費用を大家さんから請求されることになります。保険に加入していれば、その費用は保険会社から支払われる保険金でまかなうことができます。

私、出かけるときに「ガスコンロの火は消したかな?」と、玄関を出たのにまたキッチンに戻ってチェックするような心配性なので、万が一のときは保険で補償されると安心です。賃貸物件を契約するとき、不動産会社が準備した火災保険をすすめられるのはそういう理由なんですね。

賃貸契約とあわせて火災保険の加入手続きも不動産会社の店頭で進むイメージがありますが、不動産会社指定の保険じゃなくても良いのですよね?

万一の事故のときに、お住まいの方が困らないような火災保険に加入していることが重要なので、一般的には、お住まいの方がご自身で火災保険を選んでも問題ありません。

特に大家さんからすると、貸しているお部屋に万一のことがあったときに、現状回復ができる火災保険に加入してくれていればいいのです。もしも不動産会社から「ちゃんと保険に入ってくれるの?」と聞かれたら、ご自身で加入した賃貸用の火災保険の証券や加入証を見せて、大家さんに対する損害賠償に対応できることを伝えれば問題ありません。

とは言っても、新しいお部屋に入居するときは、賃貸契約と火災保険加入が一連の手続きになっているので、そこで「保険は自分で手配します」とは言い出しにくいかもしれないですね。

そうですね。当社の契約者にインタビュー調査をしたときは、賃貸契約の更新書類が届いたタイミングで、まずは家賃交渉をして、あわせて保険の見直しをしたという方がいらっしゃいました。新しいお部屋への入居時では言い出せなくても、お部屋の賃貸契約の更新のタイミングは、火災保険の見直しの良い機会になっていますね。

確かに、入居のときは引っ越しの手配などいろいろやることが多いので、自分で火災保険を探して加入するのは、慣れていない方には少しハードルが高いかもしれません。 その点、賃貸契約の更新のタイミングは、手続きまで2~3か月くらい余裕があるので、保険にまで目が行くのですね。更新のタイミングでは、保険見直しだけでなく家賃交渉も大切ですね!

「賃貸の火災保険は自分で選べる」ということをご存じない方も多いですので、早く皆さんにこのことを知ってもらってご自身の希望にあった火災保険をお選びいただきたいと思っています!

今日はありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

広告
650x325_linebanner01